BLESSのCβT2総括

Posted by Iridescent moon on 17.2017 BLESS 0 comments 0 trackback
昨日(10/16)の正午をもって、BLESSのCβT2が終了した。

CβT2は、10/12開始だったから、4日間くらいあったわけだけど、俺の場合
夜勤やらなにやらで結局2日間くらいしかできなかったね。

Lv37カンスト設定で、俺はLv31までしか上げられなかったw
まぁ、後半はレベリングより各エリアを探索して、テイムできるレアなMobを
探し回ってたってのもあるかな。

レベリングに集中していれば、カンストもできたはず。
クエストやってID適当に回ってるだけで、レベリングはそんなに大変じゃなかったです。
CβT1のときのように死にまくることもなかった。

そのクエストも目的地まで、自動移動してくれるのでその間放置でw

距離があるときは、自分でテイムした騎乗ペットで移動するか、各要所にあるワイバーンで
空飛んで移動できちゃうから、移動に関してはストレスはさほどなかったな。
CβT2では未実装だったけど、騎乗ペットも飛行タイプがあるっぽいし、よくできてた。

ペットには、騎乗用と飛行用と愛玩用がある。
(もう一つ何かあった気がするが・・・)

愛玩用ってのは、ラペのクリーチャーと一緒で本体の後ろをついてくるヤツで、
成長させると何種類かバフを覚えるようだ。

ペットは、すべて自分でテイムするわけだけど、フィールドにいるイベント用を除いた
ほとんどのMobをテイムできる。

騎乗用か愛玩用かはそのMobごとにあらかじめ設定されている。
自分好みのペットを探し求めるのもまた一つの楽しみかもしれない。

テイム書はレベル毎にLv15までテイム可とか、Lv35までテイム可とかに分かれている。
テイム書は簡単に自分で製作可能だし、テイムは運ではなく、簡単なミニゲームで
テイムの成功/失敗が決まる。
あのミニゲームなら誰でも9割は成功するだろうw

かなりごついキマイラとかに乗っている人もいたが、俺は見つけられなかった。
ペットの等級は自分で育てて合成してあげるタイプで、自分で伝説等級まで作れる。

ということで、ペットシステムは悪くなかったです。


次に本作で目玉のRvRの攻防戦についてだけど、対人を久しくやっていないせいもあるのか
不覚にも個人的には非常におもしろかったです。

俺はユニオン側でプレイしていたんだけど、何人か指揮してくれる人がいてね。
それこそラペのシージを思い出したよw

ハイロン100人vsユニオン100人で戦って、相手の本拠地を落とせば勝利になる。
三叉路の先の分かれた中間には、倒すことで自軍に有利な状況を作れる仕掛けが
あるので、それをうまく利用しつつ攻める必要がある。

両者合わせて200人がぶつかり合うから、ラペのシージのように、すさまじいラグが
発生するのかというと、全くそんなことはなく、俺のPCではヌルヌルでしたw

定員100名となっても、新たに攻防戦が開かれるようなので、100人しか参加できない
というわけでもなさそうだった。一度参加した人は、その時間帯での参加は不可になる。

攻防戦では全てのプレイヤーのレベルがLv50に統一されていたね。
なので、強さの差が出るのは装備とスキル次第ってことになるかな。
(一時的にLv50になるだけなので、自分が覚えていたスキルしか使えない)

勝敗がついた時点で、自分の成果とランキングが表示されて、報酬がもらえる。

あえて自由にプレイするために、俺はPTを組まずに参戦していたけど、
こんな俺でも順位を一桁にすることができたから、PT組んで組織的に
動けば、上位を狙えるかもしれないw

CβT2では4クラスのみだったけど、弓職や未実装のクラスが入ってくると
また戦い方が変わるかもしれないね。

個人的には弓職で遠くから魔法職を倒して討伐数を稼ぎたいんだが・・・w

攻防戦の他にも通常のMAPでも殴り合いが可能だった。

CβT2最後のほうは、大量のユニオン勢がハイロン首都近くまで攻め入って
対人戦をやりまくったのもおもしろかったです。

装備の耐久にだけ気を付けていれば、何度でもその場で生き返って
戦い続けるとこができる。

ただ、攻めすぎて間違って相手のNPC近くで死んじゃうと大変だw
生き返ってすぐNPCに殺されるし、NPCに殺されると装備の耐久の減りが
大きいように感じたからね。

CβT2では販売されなくなっていたけど、対人が嫌いな人のために
確か、平和のなんとかってアイテムが雑貨屋で販売されるはず。
(これを所持していればPKされないし、PKできない)

長くなってしまったが、最後に製作について。

俺はどのMMOでも製作関連が苦手だ。
膨大な種類の材料から多岐にわたる製造工程。
そしてその製造に必要なレシピの入手。
さらに製造と採取にかかる時間。

何から何までが面倒に感じてしまう。
それこそTERAやAIONの製作はうんざりだったw

じゃあ、BLESSはどうだったかというと、、、

そんなに面倒じゃないんですw

そこまで膨大な材料もなかったし、細分化もされていなくほどよい量だった。
あれくらいなら俺でもできるような気がしたな。

とまぁ、こんな感じだな。

ここまで読むと悪いところが何もないって感じがするかもしれないが、
個人的に感じた要修正の点は以下だ。

・ID内の移動速度が遅すぎる。
 通常は騎乗ペットなりに乗れるからいいが、ID内は乗れないためもっさりしている。

・IDのPTマッチングがほぼ機能していない。
 PT検索して、検索中だったのを忘れた頃にPTが結成されたりした。
 その頃にはもう違う場所に行ってて慌てて戻ったり・・・w

・装備の耐久値はいらない。
 これはラペでもどのゲームでも言えることだが、装備の耐久値はいらない。
 耐久値を設ける意味がわからない、ただ面倒にしているだけ。

・愛玩ペットのサイズが大きいと邪魔。
 ドラゴン系などでかいタイプの愛玩ペットを召喚して歩くと、そいつが邪魔で
 本体キャラが見えなくなるので、操作しにくいw

・町などで装備の分解ができるが、その場でできるといい。
 拾った装備は店売りでそれなりの金になるが、分解して装備強化の材料が
 手に入るので、その場で分解したいかな。

主だった点はこんなところか。
まぁ、どれもOβまでには改善できなくもない内容といったところか。

ただ、せめて@5~6年早くサービスINしていればだいぶ違ったと思う。
雰囲気的には、やっぱあの時代のゲームであることは間違いない。

とはいうものの、ここ数年のラペの運営も腐りきった適当運営だし、個人的には
BLESSはそんなに悪くなかったから、さすがの俺もOβが始まったら移っちゃうかもねw

AIONやTERA、Dragon's Prophet、ICARUS、Blade&Soulのようにダメだと判断したら
またラペに戻ってくるんだろうけどもw
(黒い砂漠とArcheAgeは、キャラメイキングが合わずプレイしていない)

でも、BLESSのOβは、いつ頃になるんだろうなぁ。
Cβ1からCβ2まで5ヶ月かかってるからOβが始まるとしても来年の春とかかな?
となると、ひとまずはラペ続行だなw



see you next article!

アプデは10月末

Posted by Iridescent moon on 04.2017 Rappelz 10 comments 0 trackback
俺の仕事は、7月までが1年を通して最も忙しくなるんです。
前にも書いたけど、それさえ済んでしまえば、大晦日まで惰性でいけるんですよ。

それがですね、ようやく上の連中もそれに気付いてきたらしく、仕事を回してきやがったw
ということで、ここ最近ちょこっと忙しくINできていない状況です。

確かに全く忙しくなかったわけだけど、それは7月までに猛烈な勢いで
仕事をこなしているからであって、別に今はサボっているわけではないw

そこんとこを理解して、俺に仕事を回してきているのかが問題だなw
そこがかなり重要なので、あとで軽くジャブ撃っときますw


さて、ラペなんだけど今週のメンテやらなかったよね?

いや、まぁなんとなくはわかっていたよね。
ヤツらはなんとしてでも、去年と同様に『Epic9-5実装&11周年記念イベント』を
一緒にやりたいんだよね。

去年とおんなじことすればいいんだから、やる側からすればものすごく楽だw
そのためには、1週ズラす必要があったわけだ。

ティザーサイトの残っている未公開パネルは、「スキル調整」と「その他」の2箇所だ。

10/3に「スキル調整」をオープンして、翌10/10に「その他」をオープンしちゃうと、
10/17実装になってしまうからな。

1週ズラして、10/24実装にしてしまえば、10/25で11周年なわけだから
『Epic9-5実装&11周年記念イベント』と題して、やりやすくなるわけだw

10/25にこだわらないのであれば、今週のメンテを休みにしたとしても
「スキル調整」のパネルはオープンさせることはできたはず。

それをしなかった時点で、去年の完コピイベントやる気満々だろうから
アプデ後のイベントに期待はできないな・・・残念。

ホント、手のかかることはやらなくなったよね、今の運営って。。。


さて、ギルドアップグレードとボスコレクションについてまだ触れていなかったな。

ギルドアップグレードはギルドバフが使えるようにはなるけど、ギルドのアップグレードに
貢献してない人は、バフを使えないんだなw

てっきりベルさんあたりが、サクっと全額寄付して10等級までアップしてくれるだろうから
バフ使いまくろうかと思っていたが、まさか使用するためには、自分の寄付ポイントを
消費することになるとはな・・・。

総額にしていくら?
総必要ポイントが、2,555,000Pで、10P=1Mルピってことは、総額255.5Gwwww
(計算ミスってるかも?w)

俺にはとてつもない金額だが、ベルさんなら全額寄付しても、資産の3割くらいだな。
うん、まかせたほうがよさそうだなw

もう一つのボスコレのほうだけど、ボスコレはやっぱりベルトに装着するんじゃなく、
所持しているだけで効果が発動するようだね。

となると、俺の作ったこの一覧もやはり少しは役に立つということか。

個人的には、攻撃力も欲しいけど、MAXHP+8150が欲しいかな。
でも今のところ俺が交換できるのは、クリスタルゴーレムくらいだな・・・。
他は残念ながら今のところ被りなしだw

今のうちからINしてボスC集めをしたほうがいいのか悩むところだな。
アプデ後であればボスのリポップ時間が短くなるからねw


話は変わるが、ラペのEpic9-5がどんどん遅くなってるわけだけど、俺にとっては
少し好都合でもある。

それはなぜかというと、1通のメールが届いていた。

『BLESS』クローズドベータテスト2のご案内

BLESSなんてゲームもあったなって思い出させてくれたぜw
Cβテスト1をやったのが、確かGWくらいだったから、もう5ヶ月前だぞ。

それっきりなんのアクションもなかったからすっかり忘れてました。

で、Cβテスト1に参加できた人は、自動的にCβテスト2にも参加できちゃうので
面倒だけど、やってみようかなと。

ちょっとどういうゲームだったかも覚えていないので・・・w

これが10/12~16までで開催されるので、今度はLv30↑までレベリングして
攻城戦なるものに参加してみようかなと。

残念ながらCβテスト2でも弓職はプレイできないようだが・・・。

ここまで時間がかかったのは、どうやら7月くらいからリビルドが行われていたようで、
それを反映させたCβテスト2をやるためだったのかな?

今回のリビルドってのはゲームそのものの全てのバランスを見直すことね。
戦闘から採取・製作・乗り物・ペット・UI・強化関連・システム関連とほぼ全て。

すでに正式サービス開始している国があるのに、それをやっちゃうのはすごいね。

できればラペも・・・と思ってしまうが、まぁ無理だな。
ラペの場合は、リビルドするくらいなら、新しく作ったほうが安上がりかw
というか、あそこまで本体がクリ力だけで、強くなってはもう調整無理だよな。

あ、でも10/14とか休出っぽいし、Lv30は無理そうです。



see you next article!

Master of armsスキル詳細

Posted by Iridescent moon on 17.2017 Rappelz 0 comments 0 trackback
また新しいクラスが追加されてたから、スキル詳細を載せてみる。

今回は、各種族に1クラスずつ追加されていた。
アシュラはNinja、デーヴァはArchimage、ガイアはMaster of armsとなっている。

ただ、残念ながらNinjaとArchimageに転職するためには、何かアイテムが必要なようで
スキル詳細を調べることができないようだ。
おそらく何らかの課金アイテムっぽいが・・・。

ちなみにArchimageは、日本のアークメイジとは別だ。
日本のアークメイジの英語名は、Cardinalだからね。
Archimageを訳すと、大魔術師・・・うむ、強そうだw

Ninjaもたぶん強いよね。
転職にアイテムが必要なクラスは、この2クラスのみだからね。

時間が経てば、アイテム無しで転職できるかもしれないけど、そこはわかんないので
今回は、Master of armsのみとなります。

今回も同様に、左から1列目・2列目・・・5列目と順に↓方向に記載。
スキル名の後にアクティブスキルは(A)、パッシブスキルは(P)と記載。
スキルレベルはMAX、スキルCなし、装備なし状態の効果を記載で!

■Master of arms2次職
Arms2次職

【1列目】
Infirmity(A) ・・・攻撃スキル、ホールド付与、効果5秒、CT30秒
Blindness(A) ・・・攻撃スキル、失明付与、効果6秒、CT45秒
ImplacableBlade(A) ・・・攻撃スキル、スタン付与、効果4秒、CT30秒
TearsofHeaven(A) ・・・範囲攻撃スキル、スタン付与、効果3秒、CT1分
DivineFlare(A) ・・・攻撃スキル、CT1分
MentalConcentration(A) ・・・自己バフ、クリ力+30増加、効果25秒、CT2分

【2列目】
Laceration(A) ・・・攻撃スキル、無属性持続ダメ・出血付与、効果13秒、CT5秒
           出血はスタック3回
BurningFury(A) ・・・多段範囲攻撃スキル、CT30秒
Crucifix(A) ・・・多段攻撃スキル、攻速-31%付与、効果15秒、CT10秒
BreathofRage(A) ・・・範囲攻撃スキル、火属性持続ダメ付与、効果10秒、CT35秒

【3列目】
TripleEvent(A) ・・・多段攻撃スキル、CT10秒
AsaultEclair(A) ・・・攻撃スキル、CT8秒

【4列目】
ArmorMastery(P) ・・・鎧装備時、物防増加(数値の記載なし)
GuardBreaker(A) ・・・攻撃スキル、物防-32%付与、効果10秒、CT5秒
WeaknessShield(A) ・・・攻撃スキル、物攻-10%付与、効果7秒、CT10秒
ExplosionofAggression(A) ・・・範囲攻撃スキル、ヘイト11000000付与、効果5秒、CT10秒

【5列目】
Blessing(A) ・・・自己バフ、MAXHP+8000増加、CT30分、CT30秒
Reprisals(A) ・・・自己バフ、全ての攻撃の??%を反射、効果15秒、CT1分
          (表記上は5555%だが、発動確認できず。表記ミス?)
ExaltedProtection(A) ・・・100%の確率で全ての攻撃の被ダメ33%軽減、効果15秒、CT75秒

■Master of armsマスタークラス
Armsマスター

【1列目】
CircleofStrength(P) ・・・力の300%物攻増加、力の1500%MAXHP増加
CrushingStrike(A) ・・・範囲攻撃スキル、移動速度-80%付与、効果7秒、CT4秒
CrushingStrike(P) ・・・CrushingStrikeのCT軽減(数値の表記なし)
Blindness(A) ・・・攻撃スキル、失明付与、効果6秒、CT45秒
Blessing(A) ・・・自己バフ、MAXHP+8000増加、CT30分、CT30秒
MysticBarrier(A) ・・・自己バフ、魔抵+150000、効果10秒、CT15秒
ShieldMastery(P) ・・・盾装備時、体力+15%、物防+20%増加
FinalDefence(P) ・・・20%の確率で全ての攻撃の被ダメ33%軽減、効果10秒

【2列目】
GaianStrength(A) ・・・バフスキル、クリ率・クリ力増加、効果30分、CT15秒

【3列目】
DevoutFury(P) ・・・物攻魔攻+8%、攻速+10%増加
Onslaught(A) ・・・トグルバフ、物攻魔攻+2160、物貫魔貫+1080増加
GloriousWrath(P) ・・・OnslaughtのCT3.7秒軽減
Laceration(A) ・・・攻撃スキル、無属性持続ダメ・出血付与、効果13秒、CT5秒
           出血はスタック3回
TwoHandedSwordMastery(P) ・・・両手剣装備時、物攻+1500、物命+100増加
MasteringtheTwoHandedAxe(P) ・・・両手斧装備時、物攻+1500、クリ力+40増加
Stalwart(P) ・・・力+4%増加
InvincibleStrength(P) ・・・力+150、クリ率+5%増加

【5列目】
Overrun(P) ・・・攻速詠速+25、移動速度+25増加
spiritualigy(A) ・・・自己バフ、物攻+20%増加、効果20秒、CT2分
ReinforcedSpirit(P) ・・・spiritualigyのCT30秒軽減
GuardBreaker(A) ・・・攻撃スキル、物防-32%付与、効果10秒、CT5秒
AsaultEclair(A) ・・・攻撃スキル、CT8秒
FirstLanceMastery(P) ・・・槍装備時、移動速度+20%増加
SecondLanceMastery(P) ・・・槍装備時、物攻+1500、クリ力+20増加

と、こんな感じです。

パッと見た感じ、やたらと攻撃スキルが多い印象があるけど、武器専用スキルが
結構あるんだよね。

盾装備時のみ発動可能なスキルが2個。
両手剣専用スキルが2個。
槍専用スキルが2個。
両手斧専用スキルが2個。

こんな感じで分かれてるね。

どの武器を選ぶかは、その人次第だけど、俺的にはパッシブスキルも考慮すると
両手斧がいい気がするな。

特に両手斧専用スキルのBurningFuryというスキルがえげつないダメージですw
武器のOEやらバフにもよるけど、余裕で10Mとかいきそうな予感がする。

ただ、同じガイアでもVikingやSpearmanよりは柔らかい感じがするので、
その名の通り、攻撃に特化したクラスなのかもしれないです。

今まで紹介してきたクラスは、どれも武器はそれぞれ一択で選択の余地がなかったけど、
このMaster of armsでは武器が選べる形になっている。

他のNinjaとArchimageも気になるところではあるけどねぇ。
Archimageなんかは、おそらく両手杖一択だろうけど、Ninjaはどうだろうなw

やっぱ短剣一択なんだろうか。
でもたぶん、手裏剣は投げるよねw
それなりにトリッキーな動きに期待してしまうな。

まぁこの2クラスについては、わかれば載せたいと思います。



see you next article!
 HOME