送付済み

Posted by Iridescent moon on 21.2016 Rappelz 4 comments 0 trackback
お盆はどう過ごされましたか?
どうやっても渋滞・混雑に遭遇するとわかっていながら、やむを得ずお出掛けしたのでしょうか。

俺ですか?

俺は、ほぼ自宅でクーラーを浴びながら、酒飲んでましたw

別に渋滞の中を運転するのは嫌いじゃないんですよ。
だから、どこかに出掛けていて、その道中で予期せぬ渋滞に突如ハマっても問題ないんです。

ただ、100%渋滞しているところに向かいつつ、その渋滞に突っ込むのは嫌なんです。
この場合、渋滞確定なわけで、この渋滞に使われる時間が無駄に感じてしょうがないんですよね。

それこそ、出発する場所と目的地を設定して、ずっと自動運転可能であれば
また話は違ってくるんだけどね。



さて、やるからにはマジでやる、と言っていた妖怪ウォッチ3ですが、約3日ほどで
クリアはしました。

ガキんちょ共は、、、
「なんだよ、ちょーはえーじゃん、チートだな」
と言ってました。

っつーか、今の時代では、小1ですら"チート"なんて言葉知ってるのかと感心しましたw

俺が小1の頃は、ファミコンが発売されスーパーマリオやってたレベルですよ?
今から20年後、この子達が大人になった頃、どんなゲームがあるのか楽しみですね。
この子達の世代が作ったゲームが、ウチら2、3世代前の大人にはどう映るのかw


クリアはしたものの、さらに大人の力を見せつけるべく、今しばらくレア妖怪獲得と
それのレベリングに時間を取られそうです。



さて、前回の記事にたくさんのコメントを下さり、有難う御座いました。

正直なところ、あんな俺の身勝手な妄想に、今のラペの現状を照らし合わせつつ、
問題点や改善案、また各々の要望を踏まえたコメントに驚きつつ、勉強になりました。

このブログは、普通に検索しても、そう簡単には見つからないようにしてるんだけど、
知っている方は知っているようですなw

その前回の記事のコメントの中で、"長文さん"がこう書いておりました。

「運営の人なんか見てないだろうけど」と、、、

いやいや、彼らは見ているんです。
今回(前回)の記事に関して言えば、彼らは100%見てくれているんですよ。


なんでそんなことがわかるのかって?


そ、それは、本当のこと言うと、俺が運営の・・・だから・・。


・・・そうではなくて、運営に送ってあるからですよ。


そりゃ当然ですよ。
あれだけ、貴重な意見や要望がたくさん書かれていたからねw

がっつり、URL貼り付けて送ってやりましたともww
これで間違いなく目を通してくれているはずです。

ま、ぶっちゃけ今回に限らず、何度かそうやって送ったことがあるんです。
だからこのブログの存在は、知っているはずです。
(忘れ去られていなければ・・・)

URL貼って送っておけば、仮に運営の人がこのブログを見つけられなくても
そう言えば、お問い合わせメールにURL貼り付けてあったなぁってなるわけよ。

運営の人の目に触れるかもしれないと知りつつ、ときどき文句も書いているんだよね。
文句も含めて全て見てもらわないと!

いや待て、文句でないな。
文句ではなく、これは単純なる悪意でもなく、飽くなき期待の現れなのです。

そこんとこは勝手ながらご理解頂きたいw



そう言えば、少し前のアプデ内容にこんなのがあったぜ?


>すべてのアイテムの商店販売価格が下向きになります。


・・・これで、エルゴン掘りも終了か?w
早めに換金しておくことを薦めるぜ?w



see you next article!!

新たな妄想

Posted by Iridescent moon on 12.2016 Rappelz 12 comments 0 trackback
先日の記事に、過疎を打破できるものすごい名案を思い付いた、と書いたけど、
ちょっとそれでは語弊があったかな。

過疎を打破できるのではなく、過疎でも楽しめると言ったほうがよかったのかも。


まず、過疎化による弊害にはどんなことがあるかってことを考える必要がある。
まぁいろいろとあるとは思うけど、代表的なものを言うと、、、

①各種アイテムの流通が滞り、市場が鈍化する。

②PTを組みたくても組めなくなる。

③向上心が無くなり、モチベが低下する。

こんなとこでしょうか。
他にも強ボスが倒せないとかだったり、対人ができないなんてことも出てくるけど
結局は、それぞれ②や③に繋がってくるのかなって気がします。

個人的には概ね、この①~③に集約されるような気がしている。

で、この中でも特に②さえクリア出来ていれば、①と③は自ずと満たされていくような
気がしてるわけです。

PTがあれば、自然とドロップするアイテムも増え、流通することにより市場が潤う。
PTがあれば、PTMの強さや上手さを見聞きし、その人に近づこうと上を目指す。


MMORPGの世界にはこんな言葉がある。


"PTを制す者は、MMOを制す" という言葉が!!


誰だったっけ?この名言を言った人?

確かすごく紳士的な人だったような気がするんだよなぁ。


フフw 思い出したな?w


そうです、何を隠そうこの俺ですw
適当に思い付いたので書きました・・・サーセンw


ま、そんなことはどうでもいいんです。


では、過疎っているのにどうやってPTを組むか、これが問題です。

ここで俺は閃いたわけです。

何もPTを組むのは、人(本体)同士じゃなくてもいいんじゃないかなと!
では、何とPTを組むかというと、、、



クリーチャーです!


ラペの世界には、今となっては相当な種類のクリーチャーが存在します。
この多種多様なクリーチャーを使って、自分の思い描いた好きな構成のPTを組むんです。


はぁ?何言っちゃってんの?w
今だってクリーチャーを召喚してPT組んでんじゃん?


って思うでしょ?

そうじゃないのよ。

今は本体が1匹もしくは2匹召喚しているだけで、それは所詮ペット扱いです。

これをユニット化(本体化)させちゃおうという考えです。

俺の大雑把な考えとして、、、

①クリーチャーはLv160以上で、あるアイテムと合成してユニット化が可能。
 (もう少しクリーチャーのレベリングが容易になれば、Lv170でもいいかも)

②ユニット化することにより、形態も進化形態から新たな形態へモデルチェンジ。
 (これは開発陣に頑張ってもらうしかない)

③ユニット化できるクリーチャーは、1アカウントにつき3体まで。
 これはバランス見ながら要調整だな。
 エピック等級は1匹までとか制限をつけてもよさそうだが、それじゃつまらんしな。

④ユニット化したクリーチャーには、本体同様部位ごとに装備が可能。
 (装飾アイテムによって外観も変われば、more better)
 っつーか、ユニット化したクリーチャー用に装備を追加しまくれば、またある程度の
 OEはするわけで、ガーラも一儲けできるぞ!

⑤ユニット化したクリーチャーは、PTMとしてPTに入れることが可能。
 (1PTに5体まで編成可)

⑥PT内では、各タイプごとに簡単なAIによって行動する。
 (タイプってのは、タンク型/近接物理型/遠距離物理型/魔法型/回復型のことね)
 PTには、それぞれ1タイプずつしか編成できない。
 そうしないと、回復型を3体編成して、本体不死なんてことも可能になるからね。

⑦一度ユニット化したクリーチャーは、再度クリーチャーには戻せない。
 (元には戻せないが、強化段階に応じた強力なアーティファクトに変換は可能)
 ユニット化してすぐにアーティファクト化できるのも問題なので、何か案が必要。

⑧ユニット化してからクリーチャーの強化はできない。
 (例:ユニット化した+3イエティは、+4↑にすることはできない)
 ユニット化した強化クリーチャーは、強化段階に応じて何らかの補正が必要。

⑨ユニット化したクリーチャーもシージPTに編成可能。
 本体並みの強さのクリーチャーが入り乱れるなんておもしろそうだろ?w
 (アフォな動きをするAIしか作れないなら却下だが)


こんなところだろうか。
シージのときは、蘇生方法をどうするかという問題もあるが・・・。


個人的には、ユニット化した際にレベルは初期化(レベル1)してもいいんじゃないかと思う。
但し、本体のようにスキルツリーを新構築して、また違ったスキルを習得するならね。

必要経験値は本体キャラとは別にして容易に上がるようにして欲しいな。
(クエスト経験値なしじゃ、レベリング大変だべw)

Lv160(or170)のまま固定にしちゃうと、今後役に立たなくなりそうだし、全く育成も
スキル習得もしないんじゃつまらないもんね。

できれば、今みたいなどのクリーチャーも名前が違うだけで、ぶっちゃけ似たような
スキルを使い回すんじゃなく、そのクリーチャー固有の攻撃スキルやバフスキルを
習得できるようにしていったらおもしろいじゃないかな。
(昔あった、亀バフとかオークバフとかみたいにさ)

本体キャラほどのスキル数は必要じゃないんだよね。
最も重要なのは、クリーチャーごとに異なるスキルを習得できるか否かってことだ。

クリーチャーごとに異なるスキルを習得できるようになれば、例えばタンク型を
1体作ったら、タンク型はもう作らなくてもいい、とはならないべw

どのクリーチャーも一長一短のバランスにできれば、完璧だろうな。
これだけのクリーチャーがいるにもかかわらず、結局最終的にはみんなが同じ
クリーチャーを使うようになる、これだけは避けたいんだよね。


これが実現できれば、↑に書いた①~③はだいぶ改善できるんじゃないだろうか。
うまくいけば、辞めていった人も戻って来るかもしれない。

これなら今のただクリーチャーを連れ回すというスタイルから、ラペルズ本来の
"クリーチャーと共に闘う"という当初のコンセプトに近づけるんじゃないだろうか。


運営さんよ、どうだろうか?
これはとても革新的ideaだから、どうしても採用したいって言うなら、譲ってやってもいいぞ!

そうだなぁ、+25装備引換券30枚で手を打とうかw


いや、冗談です。
Epic9がいくつまでいくかわからんけど、仮にEpic9-4で終わりだとして、Epic10-2から10-3
くらいまでに実装してくれるのなら、何も見返りはいらんですよ。

いやぁ~俺って実に紳士的だなぁww

それといつだったか提案した魔法Dの実装もお願いします、これもタダでいいですw


とりあえず、いつの日か実現することを切に願うぜ?w



see you next article!!

早めの告知

Posted by Iridescent moon on 09.2016 Rappelz 2 comments 0 trackback
俺にとって1年を通して最も忙しいと言っても過言ではない、怒涛の7月が終わった。
俺の場合、この7月の超多忙さえ乗り越えれば、ほぼ大晦日まで惰性で行けちゃいます。

毎年8月以降もちょいちょいイレギュラーな案件は発生するけど、適当に片付けます。

いやぁ~、このクソ暑い中、がんばった!
ウチの会社、この時期ポカリ飲み放題だけど、いくら飲んでもすぐ汗で噴き出すねw


さて、仕事も落ち着きつつあるので、本腰を入れてラペろうかなと思っていた矢先に
またアレが発売されていたようですね。。。


そうです、妖怪ウォッチ3です。


個人的には別にそこまで執着する意味もないんだけど、周りがね・・・。
近所のガキんちょ共どもが、また動き出したわけですよ。

また、いつものように激レア妖怪を育てては、バラ撒くことになるんだろうなw

まぁ、しゃーない、いつもながらやるからにはマジでやっちゃいましょう!
大人の力を見せつけてやろうと思いますw



さて、ラペのほうだけど、先週の韓国のアプデにて


> 2ランク〜6ランクアイテムの究極強化の組み合わせ式が
 削除されます。



って書かれているね。

7/21のアプデにも、、、


>1ランク〜6ランクのアイテムに対して究極強化アイテムの
 材料に使用されないように修正されます。



ってあったから、いよいよR6以下を素材にした究極強化は出来なくなりそうだね。

何が言いたいかというと、本鯖は6/30にEpic9-4が実装されているようなわけで、
従来通りであれば、9月にも日本鯖にも適用されるだろう。

実装日は、9/6か?w

実装日はともかく、もうそんなに遠くない日に実装されるんだから、早めにR6以下の装備では
究極強化できなくなることを告知したほうがいいんじゃないかって思うわけよ。

もしかしたら、R2+20装備を量産している人だっているかもしれないべw

これじゃ新旧エピックペットを実装したときの二の舞になるじゃん。
あのとき、エピック等級の性能が上がるから、旧エピを大量に確保した人もいたと思うんよ。

で、いざフタを開けてみれば、アプデ前にテイムしたペットには適用されませんとか、、、
マジでアフォかとwww

だったら、それを先に言っとけよってなるわけよ。

同様のケースにならないように、運営には動いてもらいたいものですな。
人口が少ないんだから、今いる人を大事にして欲しいもんです。


人口が少ない。

そう、この問題を打破できるものすごい名案をこの前思いつきました。
今までもいろいろと案は考えて、運営にメールしてきたけど、この案はおそらく
これまでで最高の案となるでしょう。

っつーか、ラペ開発陣に売りつけてもいいレベルw
俺って天才じゃね?w
ってちょこっとだけ思ったもんなww

その案とはどういうものか、それはまた後日このブログに書き記そうかと思います。



ちょっと余談ですが、ソシャゲのFFBEですが、少し前に辞めましたw
どうやらクソゲー路線から脱却しそうもないので、見切りをつけました。

やはり、プロデューサーがアフォだと、例外なくゲームもクソになるいい例ですなw
それを再確認できただけでも、プレイした甲斐があったのかな。

ほぼ無課金だったけど、勿体ないゲームだったな。
やっぱプロデューサーもブレフロの高橋Pがやるべきだったんだ・・・。

う~む、残念w


っつーことで、今はラペ・ブレフロ・妖怪ウォッチ3ですな。

さっさと妖怪ウォッチ3を片付けねばww



see you next article!!
 HOME