復帰するには・・・

Posted by Iridescent moon on 13.2014 Rappelz 0 comments 0 trackback
おっと気が付けば、広告が出てるじゃないか!
あまりの忙しさにブログは放置してたぜw

多忙を極めた7月が終わり、この8月が1年を通してのしばしの休息期間となってるかな。

それでも10月には国家資格のための試験があるから、9月早々からは
また慌ただしい日々となるだろう。

さすがに国家試験だけあって難しく、毎年受けてるけど受からないんだよねぇ。
そりゃあ、全く勉強せずに受けてるんだから受かるわけないかww

受験費用やら交通費もろもろ会社持ちだから、ただただ受けているという・・・。
これ取ったからと言って、給料上がるわけでもないから、モチベが上がらんのよ。

それに加えてこの暑さ!!

今年は冷夏とかって誰かほざいてたような。。。
ただでさえ勉強嫌いなのに、こんな暑い中、勉強なんてやってられんw
じゃあ涼しければ勉強するのかと言われれば・・・。

とにかく、夏の仕事は汗の量がハンパない。

別に溶鉱炉があるわけでも、土木やってるわけでもないんだけどな。
普通の工場勤務の人が見たら、ホント驚くだろうなw

まぁ、例年通りウチの会社は、6月~10月くらいまではポカリ飲み放題だから
休憩の度に、腹がタポンタポンになるくらい水分補給してます。



さて、ゲームのほうはどうかというと、オフゲーやってたw

別にやるつもりはなかったんだけど、やらざるを得なくなってしまったというか。
何をやってたかというと、3DSの妖怪ウォッチ2なるものをやってた。

妖怪ウォッチなんて聞いたこともなかったけど、何やら聞くところによると、
爆発的に人気があるアニメなんだとかw

女性に対しては常日頃から紳士である俺だが、実は近所のガキどもに対しても
紳士的に振る舞っている俺は、ヤツらとも打ち解けているわけで、話しているうちに
妖怪ウォッチ2を一緒にやろうとなってしまったわけですw

しかしそうは言っても、3DSなんか持ってるわけもなく、それをヤツらに伝えると、、、

「大人なんだから、そんなもんすぐ買えるだろ」と・・・。

クソガキどもめ、よく分かっていやがるw

まぁ、そんなやりとりも嫌いじゃない俺は、サクっと買い揃えましたw


どんなクソゲーでもやるからにはマジだぜ?w

と思ってやってみたら、これがまたおもろいのよ。
おもろいというか、システム的によく作られているというか、ストレスを感じさせない
作りになっているんだよね。

強いて言えば、アイテムのソート機能がなかったことくらいか。

いい大人が子供向けのゲームをやると、クリアも早いわけで、俺がクリアする頃、
ヤツらはまだ中盤もいいところだったな。

そこで勝ち誇るような大人気ない俺ではない。
それなりに苦労して手に入れたSランク妖怪20数匹。

これをLv99にして大盤振る舞いしてやったさww
(カンストは数時間で可能)

ゲーム内のメダル交換アプリで、全て放出したわけだが、
もしかしてヤツらは、初めからそれ目的で俺にやらせたのでは!?

もしそうならなかなか頭のキレる連中だ。
次回、この類の誘いがあったときは気をつけねばなるまいw

心残りなのは、裏ボスの殺取(あやとり)を倒してなかったことだけど、
これでヤツらとの絆もさらに深まったことだろうからヨシとするべw



そして、3DSの呪縛から解放されてやることがなくなってしまったところに
4亀でRappelzにEpic9-1実装の記事を見つけてしまった。

この際だからちょっくらRappelzに戻ってみるかなと考えてみたんだけど、
その復帰後を想像すると、復帰に関してどうしてもネックになることがある。

それはやはり、課金アイテムの価格設定。

ず~っと前から思っていたけど、やっぱあの課金アイテムの金額設定っておかしいよねw
どう考えたって高すぎやしないか?w

課金しなきゃいいじゃんって思うかもしれないけど、復帰組にしても新規にしても
課金アイテムなしに既存プレイヤーに追いつくことは不可能だろう。

別に追いつかなくてもいいじゃんって思うかもしれないけど、課金せずにプレイする人ってのは
時間に余裕のある人や、対人に興味がなくのんびりプレイする人たちくらいじゃないかな。

ドロップアイテムの売却でカバーするにしたって、時間がかかることで、それができているのは
既存プレイヤーでもごく一部の人だけだろう。

そうやっていろいろ考えていると、どうしても復帰に躊躇してしまう。

もはや基本プレイ無料の域は超えているようにさえ思えるんだよなぁ。
課金して復帰するくらいなら別ゲーやったほうがってなっちゃうんだよね。

この問題とラグが解消されさえすれば、復帰する人はそれなりにいるとは思う。
運営・開発の資本力の無さゆえの問題か、非常に残念でならない。

運営や開発の人も、今からまた一からプレイすることを想像してみれば、
何が必要か見えてくると思うんだけどな。

多くのプレイヤーありきのMMO。
なんとかしてほしいものだ。



see you next article!!

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://bydaybreak.blog.fc2.com/tb.php/64-7eeb2955